就活のトビラ
コースについて
お問い合わせ

内定辞退について

内定辞退もなかなか聞けない話。

 

すると都市伝説だけが耳に入ってきたり。。。

・半日怒られ続けた!

・いやいや土下座をさせられた!

など。

 

内定辞退の都市伝説はともかくとして、内定辞退について、

ちゃんと理解をしておきましょう。


「内定承諾書を出した後に他の会社から内定が出たら、取り消しできますか?」

 ■内定承諾書を出した後の辞退は、あっさりとはできない

 

内定承諾書についてですが、法的な拘束力はありませんので
結論から申し上げて、承諾を取り消すこと自体は可能です。

ただし、内定を承諾した後の辞退は、
とても先方に迷惑がかかるものだということは
よく理解しておきましょう。

会社は、毎年の新卒採用の募集人数を決めて採用しています。
あなたの辞退によって、配属に関する計画が狂ってしまったり
また他の応募者のチャンスを奪ってしまうこともあります。

だからこそ、承諾書を出した後にお断りをする時には、
もちろん、メールでさらっと、という訳にはいきません。

まずは電話をかけ、誠意をもって事情を説明しましょう。
労力がかかることは、覚悟しておく必要があります。

電話口で済むこともありますが、会社に来て事情を説明してくださいと
言われることもあります。

先延ばしするほど、先方に迷惑がかかります。
すみやかに連絡しましょう。

■迷っている時は、まず相談を

内定承諾書の提出期日を設けている会社であっても、
企業によっては、回答期日を延ばしてくれることもあります。

働く上で疑問や迷いがあり、
期日を延ばしてもらいたいということがあれば
採用担当者に相談してみましょう。

判断する上で、心配なことやわからないことを伝えられれば
必要な情報を教えてもらえたり、
働く方に会う機会をつくってもらえたりする場合もあります。

大きな決断のひとつなので、先方に遠慮しすぎず、
自分が知りたいこと、確認したいことはリクエストすることを
おすすめします。

会社と、書面で契約を結ぶということに対して、
責任ある大人の対応をしましょうね。

 

 

ただ、内定辞退に悩みすぎないでください。

企業側も内定辞退率は常に頭に入れて採用活動を

していますので。

大切なのは、「早く、誠意をもって」です!

 

 

女子の就活に強いキャリアデザインスクール「就活モード」の就活対策レッスンは、一人一人の就職活動を大切に、パートナーとなってサポートしています。

大きな分岐点、就職活動をご一緒に!→内定獲得に向けたレッスンはこちら。