就活のトビラ
コースについて
お問い合わせ

短所についての考え方

面接で良く質問される

「短所についてお聞かせください」

「あなたの苦手なことは何ですか?」

 

そもそも、なぜ人事は短所のことを聞くのでしょうか?


人は必ず長所もあれば短所もあります。

長所と短所は表裏一体とも言えます。

 

そんな中、短所がないというのは

 「自分のことをよくわかっていない人」と判断されてしまうかもしれません。

 

しかし、短所は思いついた自分の弱点をそのまま伝えれば

良いとは限りません。

いくつかある短所の中でも、伝えて良い短所とできることなら伝えたくない短所があって当然だと思います。

 

そこで、短所を考える時のポイントを3つおさえておきましょう。


1.仕事に対して致命的な短所なのかどうか

正確さが求められるときに大ざっぱであったり
考えるよりも即行動な仕事で、慎重派であったりする場合
自分にとっても特性が活かせずに苦労してしまいます。

その短所をもつ人が、仕事に合う・合わないという
ポイントを考えてみましょう。

2.上手な付き合い方がわかっているか

自分の弱点があるのは自然なことです。
大切なのは、どのように上手く付き合っているかということ。

大ざっぱな人は、仕事が抜けないように作業をリストにする。とか
大切なことは二度確認するとか
工夫することもできますよね。

3.仕事をする上で、どんな失敗の可能性があるか

上の視点からさらに一歩進んだ考え方です。

どうすれば、仕事で苦戦するポイントを乗り越えられるか、
信頼される仕事ができるかという話をすると
人事を安心させることができますよ。


エントリーシートや面接では、企業との意識のギャップを
埋めていくことがとっても大切です。
採用担当者の視点から、人事の視点をしっかりお伝えしていきます。

この視点が分かった人から、どんどん先に進んでいますよ!

もちろん、就活モードでもあなたの伝えたいことと、

企業側の聞きたいことのギャップを埋めながら、

あなたの魅力を最大限に伝える面接レッスンを行います!

就活モードのご予約はこちら。