就活のトビラ
コースについて
お問い合わせ

私服でお越しくださいとは?

就活生が迷いに迷い、裏読みしてしまう

「私服でお越しください」

「ビジネスカジュアルで結構です」

というお言葉。

 

セミナー参加時、面接選考時に気になる「私服参加の考え方」「ビジネスカジュアル」の話をコラムのテーマに取り上げます

 

 

女子の就活に強いキャリアデザインスクール「就活モード」の内定獲得レッスンは、一人一人の就職活動を大切に、パートナーとなってサポートしています。

大きな分岐点、就職活動をご一緒に!→内定獲得に向けたレッスンはこちら。

 

 


■「私服でお越しください」は裏読みの必要なし。

スーツを着ると、よそゆきになってしまうので
少しでも話しやすい状態でコミュニケーションを取れるようにという会社の配慮で、私服参加の案内が増えています。

もちろん、普段の学生生活でみなさんが感じているように
人によって選ぶスタイルは違うので、その人らしさもスーツよりは

感じられやすいこともあります。

しかし、何かを着ていったから不合格、などという
裏読みする必要はありません。

■会社訪問で浮かない、さわやかな服装は?

私服、といっても外出して目上の人にお会いするわけですから
清潔感は大切にしたいですよね。

下記のアイテムは、だらしない感じに見えてしまうので避けたいところ。

<共通>
・ジーンズ
・スニーカー、サンダル
・トレーナー、パーカー
・明るすぎる、派手すぎる原色系の色の服

<女性>
・ミュール
・極端なミニスカート、ホットパンツなど露出の多い服(目のやり場に困ります)

<男性>
・半ズボン(七分丈もダメです)
・首回りが伸びたようなロングTシャツ(襟があるほうがきりっと見えます)

デニム、ジーンズは、年代を問わず多く着用されていますので
極端な色落ちや穴のあいたデザインでなければ
一部業種によって許容される風潮もあります。

ただし、ジーンズはもともと「工場労働をするための作業着」です。
それ以外のボトムスも手持ちのアイテムとしてあるといいですね。


■『ビジネスカジュアル』ってどんなスタイルなの?

ビジネスのシーンでも相手に不快感を与えない程度のカジュアル感のある
服装として、一般的に「ビジネスカジュアル」とよばれるスタイルがあります。

節電やエコのためのクールビズ・ウォームビズの服装として
最近は企業で取り入れられているところも多いですね。

「ビジネスカジュアル」といっても、明確な定義はないのですが、
基本的なスタイルをご紹介します。

◎女性のビジネスカジュアル

落ち着いた色のトップスに、ジャケットやカーディガン、スカートやパンツ

◎男性のビジネスカジュアル

襟付きのシャツに、ジャケットやブレザー、コットンorウールのパンツ、革靴

男性は、ノーネクタイでもOKです。
ジャケットやパンツの素材では、ウール素材の方がよりビジネス的に、
コットン素材の方がよりカジュアルに見えます。

 

就活モードのご予約はこちら。

 

企業は、就活生の「私服チェック!」をしているわけではありません。

一番大切なことは、

”マナーや身だしなみがちゃんとできていること”

だということを忘れずに!