就活のトビラ
コースについて
お問い合わせ

面接辞退について

内定辞退についてはこちらをご参照ください。

 

選考が進むにつれて

「自分とは合わない会社かな?」と感じたり、

先に内定が出た企業に入社を決めたり、

志望度の高い企業の選考が続き、

元々志望度が低かった企業の選考を

途中で辞退したりすることも、就職活動ではよくあります。

 

今回は、面接を辞退するときの断り方について

大切にしてほしいポイントをお伝えします。

 

●メールより電話で

 

特に選考が進んでいる状態ですと、企業側もいよいよ誰に内定を出すか、どの人を採用するかの最終段階に入っています。

これから社会人になるのですから、その企業の期待に対して丁寧な対応を心がけたいものです。

ここまで選考して自分の魅力を感じてくれた企業に対して、やはりメールでの辞退連絡は失礼にあたります。


やはり文字であるメールは相手に対して誠意や丁寧さが伝わりづらいのは、想像がつくと思います。

 

企業側には、

・これまで選考いただいたお礼

・今回面接を辞退するにあたっての簡単な理由とお詫び

・(聞かれたら)面接を辞退する状況説明

を伝えるようにしましょう。

 

内定辞退も同様ですが、基本は「丁寧に迅速に伝える」ことです。

 

企業が採用する人を選考するように、皆さんも企業を選ぶ権利があります。

選考途中で、こちらからお断りを出す場面もあるでしょう。

そのような時、誠実な態度がとれることが、これからの社会人生活でも

どこかにプラスに働いていきますよ!

 

女子の就活に強い就活のキャリアデザインスクール「就活モード」の就活対策レッスンは、一人一人の就職活動を大切に、パートナーとなってサポートしています。

大きな分岐点、就職活動をご一緒に!→内定獲得に向けたレッスンはこちら。