就活のトビラ
コースについて
お問い合わせ

就活で好印象!髪型・メイクのポイント

就職活動での髪型・メイクを考えるときは、

「初めて会う人に自分を伝える場」であるという視点を忘れずに、

感じの良い、第一印象を意識しましょう!

そして、好感のもたれるヘアメイクを心がけましょう。

 

 

○さわやかなヘアスタイルとは?

髪を下ろすパターン、結ぶパターン、どちらのスタイルも

髪の毛がハネたりはみ出したりしないように

ワックスやヘアピン(見えすぎないように)でおさえるようにしましょう。

 

髪型は、必ずしもひとつ結びである必要はありませんが、

ポニーテールにするときは、耳より高い位置で結ぶと元気な印象、

低くすると落ち着いた印象に見えます。

自分がどのように見られたいのかも意識して、髪型も作ってみましょう。

 

たまに、前髪で目が隠れてしまいそうな方がいます。

これは、相手に与える印象はあまりよくありません。

 

短く切るか、横に流してヘアスプレーで固めておきましょう。

 

 

○就活メイクのポイントは?

メイクでは清潔感を大切にしましょう。

ポイントは、「ベースメイクを丁寧に、のせすぎない」ことです。

 

◇健康的に見えることが大切

就職活動に限らず、触りたくなるようなお肌は健康的に見えますよね。

就職活動でも、好印象をもたれるポイントになります。

 

化粧水や乳液でたっぷり保湿をしてから、

化粧下地やファンデーションをのせるようにしましょう!

 

パウダーは乾燥しやすいので、全体にまんべんなく使うよりは、

小鼻の周りや目じりなど、とくに崩れやすい部分を

中心にカバーするのがおすすめです。

 

◇目は口ほどにものをいう

面接では、目と目を合わせてコミュニケーションをとりますから、

目の印象も大切です。

ただ、アイシャドウは、必ず必要というわけではありません。

いつもカラーが濃い目の方は、ブラウン・ベージュ系にするなどして

濃すぎないように気を付けましょう。

 

アイラインを引く場合は、オンライン(まつ毛を埋める程度)が

おススメです。あまり太くなりすぎないよう注意しましょう。

その分、マスカラはつけた方が、目の印象は強くなります。

 

◇チーク、アイブロー、リップは?

ピンクやオレンジが強すぎるチークは、違和感を与えることも多いので、

コーラルピンクなどのカラーを目の下~ほおの高いところに

うっすらのせる程度が好印象のポイントです!

 

さらに、パウダー系のチークと専用のブラシを使うと

より自然につけることができます。

 

 

アイブローは、トレンドによっても変わりますが、

最近では、細眉よりもしっかりと太めの眉にする傾向にあります。

細眉よりも、眉頭から眉尻までペンシルで書きましょう。

 

もともと眉が太い人は、眉をカットして整えます。

化粧品のカウンターや、美容室などでも眉のカットの仕方を

教えてくれますが、難しい人は周りのうぶ毛だけでも処理すると

顔の印象が違ってきます。

 

口紅の色も、ベージュ系のピンクなど、濃すぎない色に。

 

 

○アクセサリーの使い方は、みんな不安?

アクセサリーはどこまでつけてもいいもの?という相談をよく聞きます。

アクセサリーについては一概に言えませんが、

業界や、企業の雰囲気はもちろん、対応する面接官によっても、

受取側の印象が異なりますので、つけない方がベターです。

 

就職活動のマニュアル本によっては、

「小ぶりのピアスであればOK」と書かれているところもあります。

でも、採用担当の立場からみると、ピアスの穴が見えたとしても

ピアスをしていないことで、

「面接がどういう場か分かっていて、TPOに配慮できている」

という印象をもつ面接官もたくさんいます。

この話はケースバイケースにはなるのですが、つけないことをおすすめします。

 

 

<髪型・メイク・アクセサリーのまとめ>

身だしなみは「清潔感と謙虚さ」が大切。

自分の好みよりも大事ですが、その場に合わせることができる

素敵な女性を目指して、自分を演出していきましょう。

 

 

【これから就活を始める人にとても大切な話が書かれています!】

あなたの就職活動のパートナーになってくれる本ができました。

就活モードが就職活動に臨む全ての人の役に立つように、

丁寧に丁寧に書きあげた初めての本です。

「就活迷宮から抜け出すトビラ」(井上真里著/TAC出版)

 

自分事に置き換えられる、就職活動の大切な話が満載です!

ぜひご覧ください。