就活のトビラ
コースについて
お問い合わせ

1次面接・2次面接・最終面接何が違うの?

就職活動をしていく中で時に出てくる悩み。

「1次面接が突破できない」

「いつも2次で不採用になる」

「最終面接で連続○回お祈りメールがきて、すっかり自信喪失・・・」

 

それぞれの面接の場面で対策が必要になりますが、

今回はそもそもこの面接プロセスの違いを

理解しておきましょう。

 

 

女子の就活に強いキャリアデザインスクール「就活モード」の内定獲得レッスンは、一人一人の就職活動を大切に、パートナーとなってサポートしています。

大きな分岐点、就職活動をご一緒に!→内定獲得に向けたレッスンはこちら。

 

 


■各面接ごとに判断しているポイントが違う

企業によって面接の形式や方針は違いますので

一概には言えませんが、オーソドックスな面接の面接官は、

 

1次面接:人事・採用部門のメンバー、人事責任者。

2次面接:現場のマネージャー・部門長クラス+人事責任者

最終面接:役員、企業によっては社長

 

となります。

 

上記のパターンを例にとると、各面接ではどこを見ているのでしょうか?

 

<1次面接>

ここでは主に人物評価を行っています。

 

話に一貫性があるか、

どんな価値観をもっていて、自分理解ができているか

学生時代に取組んだことはどんなことで何を学んできたか、 など。

 

自己分析の領域ですね。

1次面接で苦しむ場合は、自己分析について改善の余地があるかもしれません。

 

<2次面接>

2次面接、現場社員が出てくるとまた視点が変わってきます。

 

当社の事業や仕事内容を理解しているか?

本当にこの業界に興味があり、一緒にやっていけそうか?

会社や業界を調べる力や意欲を持っているか?

自分達の職場と合いそうな人物か? など。

 

企業研究が大切になってきます。

実際に働くイメージが出来ている人、仕事への意欲が高い人を評価します。

 

合わせて印象も大切です。

現場社員による面接では、職場にこの人がいる時のことをイメージしたりもします。

2次面接で苦しむ人は、企業研究や働くイメージの

対策が必要になります。

 

<最終面接>

多くの企業では役員面接になります。

役員面接は落ちない、役員面接でも選考されるなど、

就活生はいろいろ考えてしまいますが、最終面接の位置づけは

企業ごとに違います。

 

ただし、役員面接は意思確認の場に近い企業だったとしても

落ちないということはありません。

役員が採用を懸念した場合、企業は採用を見送る判断をします。

 

最終面接では、

価値観・考え方・態度・振る舞いなどが自社の社風に合うか

自社に興味を持ち、長期的に働いてもらえる人材か

将来の幹部候補生となり得るのか(これは企業によって違いますが・・)、 など

 

今までの面接を総合的に、かつ経営視点から見た時の

自社社員に求める人材像と照らし合わせて判断していきます。

最終面接で苦戦する人は、役員の求めている内容を

伝えきれていないことも考えられます。

 

何度も面接を行い、企業の様々なポジションの人が、

その人の業務や役割からの目線で判断することで、

採用のミスマッチをなくし、より優秀な人材を採用とするのが

面接の場になります。

各面接の場で、面接官が何を求めているのかを理解した上で、

自分自身の魅力を正しく伝えていきましょう!

 

面接で自分を伝えるために大切なことが書かれている就活モード初めての本、

「就活迷宮から抜け出すトビラ」(井上真里著/TAC出版)

発売です。

 

特に1次面接、2次面接、3次面接で悩む方は、80ページからの

「迷宮から抜け出すために自分を伝える」の章を読んでみてください!