就活のトビラ
コースについて
お問い合わせ

2015卒の就活スケジュール

「政府が経団連に、大学生の就職活動の解禁時期を遅らせるように要請」といったニュースが報道されていますが、この就職活動スケジュールは2016年卒業の新卒採用からになります。

 

2015卒の就職活動のスケジュールは、下記のスケジュールが基本となります。

 

2015卒の大まかな就活スケジュールは、

下記のスケジュール感を参考にしてください。

※一言アドバイスは、時期に合わせて追加して記載していきます。

 

 

女子の就活に強い就活キャリアデザインスクール「就活モード」の内定獲得レッスンは、一人一人の就職活動を大切に、パートナーとなってサポートしています。

大きな分岐点、就職活動をご一緒に!→内定獲得に向けたレッスンはこちら。

 

 

【2015卒】就活スケジュール

●3年生6月

インターンシップの情報サイト等オープン

※インターンシップを希望する方は情報は細目にチェックしましょう。

【一言アドバイス】

インターンシップは、必ず参加しないといけないもの?

働くとはどういうことなのか?を知るという意味ではおススメします。

しかし、絶対に参加しなければならないということはありません。

学生生活において他にやるべきことがある、もっと違う経験をしたいと

思っていれば、それに取組むことが大切です。

 

ベンチャー企業など一部の企業ではインターンシップで就労した人が

採用されることもありますが、それもインターンシップに参加したことで

採用されたわけではなく、インターンシップで学んだことを吸収し人として

成長していることを評価されたためです。

参加するだけのインターンシップにならないようにしましょう。

 

 

女子の就活に強い就活キャリアデザインスクール「就活モード」の内定獲得レッスンは、一人一人の就職活動を大切に、パートナーとなってサポートしています。

大きな分岐点、就職活動をご一緒に!→内定獲得に向けたレッスンはこちら。

 

 

 

●3年生7月
インターンシップ選考開始
※枠には限りがあります。一生懸命さを伝えましょう。


●3年生8月~9月
インターンシップ選考やインターンシップ実施
※大事なことはどこでインターンシップをしたかではなく、何を感じ学んだかです。

 

●3年生9~12月

 

 学内セミナーや、就職説明会など学校やその他団体主催のイベントがさかんになります。 

※ここでは情報量の多さに惑わされないように気を付けましょう。

 

【一言アドバイス】

就職活動の解禁は12月。この時期は何も準備しなくても大丈夫?

多くの就職活動生をサポートしてきた就活モードの実績でみると、この時期から就活を開始した人の多くは、ゴールデンウィークを前後として就活の成果が出ています。

 

自分は、いつ就職活動を終わらせたいかのスケジュールを考えてみましょう。

春先までに内定獲得を目指すのであれば、この時期の過ごし方によって変わってきます。もしまだ自分に足りないものがあり、新たな経験を積むにも適した時間になります。

自己分析・企業研究という言葉に惑わされていきなり本やネットに向かうのではなく、就活の計画をたて、なにをすべきかを整理していきましょう。

 

就活モードのレッスンをこの時期から受けている方は、年内に自己分析・自己PRなどの軸固めは終了します。

レッスンにご興味のある方はこちら

時期に応じて女性限定の勉強会も実施しています。こちら

 

●3年生12月

・就職ナビサイトオープン、登録スタート
・就職ナビサイト主催の企業説明会など開始
・企業説明会や業界研究セミナーなど開始

 ※エントリー時期と大学の試験は重なりますので早めのスケジューリングを。

 

【一言アドバイス】

12月1日から就職活動が始まるように思われる方も多いですが、12月1日は企業が採用広報活動を開始する日というだけです。

1人1人は、自己分析や企業研究、キャリアビジョンや自分軸を固めるなど、就職活動に必要なことを早めに進めていきましょう。

 

就職ナビがオープンし、いろいろな企業へのプレエントリーが始まります。

この時期に志望業界や企業を絞りすぎないように注意してください。

まだスタートしたばかりです。

合同説明会なども各地で開催されますので、広い視野で様々な企業の企業活動に触れてください。

 

1点注意すべきことは、12、1月は年末年始の行事や学校の試験も始まるため、非常に忙しい時期になります。

2013年卒の方たちの話を聞くと、「年末年始の休みで就職活動を進めようとして結局何も手がつかなかった」「エントリーシートの締切とテスト勉強に追われて睡眠時間がない」といった話が多かったです。

何事も遅すぎることはありませんが、早く対策するにこしたことはありません。今日このページを見ていただいた方は、今日から本気で就活対策を始めましょう!

 

何から手をつければいいのか、どこまでやればいいのか分からず不安を感じている方は、就活モードのレッスン説明会にお越しください。自分に必要な就職活動の進め方が分かりますよ!

 

就活モードのご予約はこちら

●3年1~3月

・エントリーシート(ES)提出開始
・選考(グループディスカッション(GD)、面接等)の開始
※早い企業だとエントリーや説明会を含む選考が始まります。この時期を逃すと

エントリーできない企業もありますので、自己分析と企業研究は早めの対策を!

 

【一言アドバイス】

早い企業では、1~2月の上旬頃にはエントリーシートの提出締切になります。

エントリーシートで問われる内容は企業によって違いますが、自己分析と企業研究の最初の成果が試される場です。

エントリーシート提出時期には、自己分析、企業研究の軸は定まっている必要がありますので、そこから逆算していつ何をすべきかスケジュールを立てましょう。

 

1点注意が必要なのが、先輩方の通過したエントリーシートを参考にする学生がいますが、似たようなエントリーシートが何通も送られてくるため、採用側でも参考にしていることは分かります。また、その方法で通過したとしても、面接時の話す内容に矛盾が出るため、結果は同じく不採用になります。

エントリーシート通過の先にある最終結果を導く方法は、他の人のエントリーシートを調べるのに時間を使うのではなく、自分のための自己分析、企業研究の時間を重ね、企業にとって有益な人材であることをアピールしていくのが、一番最短の方法です。

 

就活モードのご予約はこちら。

●4年生4月~8月(春・夏採用)

・選考(1次~最終面接)
・意思確認・内定
・選考スタート(夏・秋採用)
※ゴールデンウィーク近辺を中心に、早い人だと内定が出始めます。ただ周りが内定をとったからといって焦ってはいけません。何に原因があるのかを考えそのための対策を考えて修正していくことで内定に近づきます。

 

※春先の内定だけで採用予定数の内定を出せる企業は多くはありません。

引き続き夏採用・秋採用に移っていきますが、採用枠は少なくなっていきますので、

この時期を大切にしましょう。

 

【一言アドバイス】

最初の内定が出始める時期です。

この時期はグループ面接、グループディスカッション、個別面接などの予定が入る時期です。

この時期で一番悩みとして聞くのは「面接が通過しない」という課題です。

面接が通過しないといっても、1次面接に壁があるのか、2次面接なのか、最終で不合格になるのかで課題は違います。

面接を企業が何度も行うには意味があり、各面接ステージで立場が違う人がでてくるということは、判断しているポイントも違います。

面接通過に不安がある方は、今までの就職活動においてどこに課題があったのか、早めに振り返ることが大切です。

 

また、「就職活動が上手くいかないな」と思った時は、一休みすることも大切です。

面接で祈られると自分を否定された気になる人が多いですが、

そんなことはありません。

その会社には、自分が果たすべき役割がなかったということだけです。

 

夏採用・秋採用に向けて、気持ちをリフレッシュして、次の就職活動に臨みましょう!

●4年生9月~1月(秋採用)

 ・秋採用選考開始

・追加募集選考開始

※秋採用枠に加えて、内定辞退や会社の方針などにより追加募集が始まります。

内定をもらい就職活動を終了した人が、秋採用でより行きたかった企業の募集が

始まり再度就職活動を開始するという話も増える時期です。

 

 

【一言アドバイス】

秋からの採用計画を立てている会社、内定辞退などで新たに採用が発生する会社など、夏・秋採用で、また求人が多数出てきます。

この時期の求人情報は、とにかく広くみることが大切です。

就職ナビの他、ハローワーク、学校の求人掲示板、企業の採用サイト、

都道府県で実施している企業説明会などなど。

大学のキャリアセンターなどに、学校推薦枠の求人も出ていたりします。

 

夏・秋採用は、定期的に採用活動をしている企業のほか、

内定辞退分の人員確保をするため、様々な告知手段を使って

募集をしている企業が多いためです。

 

夏・秋採用は春採用のスケジュールと比べて、早く進むことも多いため、

これまでの就職活動を振り返り、迷いがある方は早めに軌道修正を

していきましょう!

 

●4年生2月~3月

4年生の2,3月でも求人もたくさんありますし、実際に内定が出る方もたくさんいます。ただこの時期になると本当の意味で短期勝負となりますので、4年生の2,3月で就職活動をする方は、専念できる環境を作っていきましょう。

 

----------------------------

【スケジュールからみるアドバイス】

●対策は早めに!

2014年卒の就活生を見ていると、3年生の段階から事前準備ができていた人と、12月以降にスタートしたことで、自己分析や企業研究が不十分となり、結果として就職活動に苦しむ方の2極化が進んだ傾向がありました。

 

就職活動が短期間になると、企業の説明会や選考会が集中し実際に受けられる企業の数は減ります。

 

1社1社のエントリーが大切になりますが、日程が集中するため時間不足から対策が立てづらくなる傾向があります。

 

それを解決する方法は早期の対策しかありません。

3年生の夏から秋にかけて、自己分析をしておくこと、自己分析の結果足りない経験があったら経験しておくこと、それを早めにやることが大切です。

 

また、留学などを検討している方も、帰国時期について検討してください。留学生でもエントリーできるように春採用のほか、夏採用、秋採用も行われていますが、春採用に比べ採用数が少なかったり、地域が限定されていたりすることも多いです。

 

大切な留学経験を就職活動のためだけに変更することは良くないと思いますが、自分の就職活動のスケジュールも留学プランに入れておくと良いでしょう。

就職活動に迷いがある方におススメの本、

就活モードが丁寧に丁寧に書きあげた初めての本です。

「就活迷宮から抜け出すトビラ」(井上真里著/TAC出版)

ぜひご覧ください。

合わせてご覧ください。

「就活って何から始めればいいの?」